ママだけでなくパパにまで支持されている、カヨ子ばあちゃんの育児法とは?

カヨ子ばぁちゃんとして有名な久保田カヨ子さんと、夫で学者の久保田競さんの共著。

 

『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』が支持されているのか?

 

 

 

脳科学の権威・久保田競と、テレビで大人気の【脳科学おばあちゃん】久保田カヨ子が贈る
0歳からの「伝説の育児バイブル」!
じつは、カヨ子ばあちゃんのベストセラー処女作で「幻の名著」が存在した!(その後絶版)。
0カ月からすぐに役立つ育児の教科書!
生後1年間の脳の発達はものすごい! 脳がぐんぐん発達する【強脳育児術】!
この「0歳からの伝説の育児バイブル」は、中古書籍のアマゾンマーケットプレイスで、「1万56円」のプレミア価格がついた。
あまりに貸出が多く、本がバラバラになり、国会図書館からも消えた。
育児書の名著として名高い『幼稚園では遅すぎる』の著者で、ソニー創業者の井深大氏(1908〜1997)も絶賛。
さらに、医者、保育園&幼稚園関係者、育児に携わる各方面の先生方からも高い評価を得た。
まさに、長らく復刊が待たれていた「伝説の名著」である。

 

 

 

“脳科学おばあちゃん”久保田カヨ子からのメッセージ

この本は、生まれてから2本足で歩きはじめるころまでの赤ちゃん、つまり0歳〜1歳児を対象にしたユニークな子育ての本です。
はげしく成長・発達する赤ちゃんに、脳の発達の時期に応じて、なにを与え、なにをさせればよいかを、脳研究の最前線にいる専門家としての知識と、実際に子育てをした経験をもとに書いた本です。
0歳から脳に働きかける「クボタメソッド」により、約20年で3000人以上の赤ちゃんの脳が活性化しました。
クボタメソッドを活用すると、勉強ができて、心が強い子に育っていきます。
刊行にあたり、大幅に加筆・修正し、脳科学データを完全アップデートしました。
日本中で育児に悩む親御さんがあふれかえるいまこそ、自信をもっておつたえしたいと強く思います。
この本を活用すれば、赤ちゃんは「たよりない存在」から「自立できる存在」に早くなります。
知・情・意のすべての面で「強い」人間に育っていくのです。
赤ちゃんを育てている、お母さんの脳の前頭前野は大きくなります。
赤ちゃんのことをつねに考え、行動・運動するからです。
まさに、「育児脳」は育自脳?なのです。
いろいろたいへんなことばかりですが、子どもにとってお母さんは世界にひとりだけの欠けがえのない存在です。
育児ほどステキで創造的(クリエイティブ)な仕事はありません。
ぜひとも楽しんでやってみてください。
つらいときは何度もこの本を読み返してみてください。
いつも応援しています!

 

 

 

出版社からのコメント

【クボタメソッド】なら、個性があって、たくましく生きて、他人と協調でき、知的能力にすぐれ、独創的な仕事ができる人に育つ!
2009年にテレビ放映された『中居正広の金曜日のスマたちへ(金スマ?、TBSテレビ系)や『エチカの鏡』(フジテレビ系)で、
久保田カヨ子氏が脳科学おばあちゃん?として広くお茶の間でとりあげられましたが、その基礎、原点ともいうべき本が、この『赤ちゃん教育』です。
一読して、「こんなすばらしい本がお蔵入りとは日本の損失だ! 今後100年残りそうな書籍のお手伝いをさせてください」と、著者に強く刊行をリクエスト。
本書のイラストは、クボタメソッドを細胞レベルで理解している、おかべりか氏。名著『よい子への道』の著者です。
四六版・2色刷・全356ページですが、見開きページ上方にかわいいコメント付イラストがあるので、スラスラ読めて、そのまま実行できます。
脳科学の権威・久保田競氏が脳科学データを完全アップデートしました。この一冊あれば、3歳以降グンと伸びて、ラクになります。
「0歳の時、あれをやっておけばよかった〜!」と後悔したくない親御さんや、大事なお友達や娘、孫が妊娠された方へのギフトとしても最適。ついに、生まれたすぐから使える「0歳からの伝説の育児のバイブル」の誕生です。

 

 

 

 

 

 

 

イヤイヤ期のお子さんに困っている方。
育児の悩みを誰にも話せず困っている方へ・・・

 

子育てアドバイザー・広瀬つみきの 子育て無料相談予約ページ